よくわかるバッテリー何でも情報局

車のチェックを行うときに、よく私たちが念入りに確認するのは、タイヤ、バッテリー、ライト、エンジンなどといったものではないでしょうか。
しかしワイパーをきちんと確認する人って案外いないものなのです。
確かに動かしてみるくらいは誰でもするでしょうが、これも実はただ動けばいいっていうものでもないのです。

 

ワイパーにも交換時期があることをご存知でしょうか。
日本はとくに1年を通して雨が多い国ですから、ワイパーの使用量も多いわけです。
ですから1年で平均して9万往復もし、これを面積にするとなんと東京ドーム6倍もの面積を掃除していることになります。
これは驚きの事実だと思います。
ですからすすめられているのは、1年に一度左右同時に交換することなのです。

 

しかし1年といわずにも交換時期の目安として、ワイパーがきちんと掃除をしているか確認してみてください。
もし拭いたあとに、スジが残って見えたり、水気がニジミ状に残ったり、またその拭き方が均等でない場合は買い替え時期の可能性が高いと思ってください。
またワイパーがスムーズに動かない場合も、フロントガラスを一度きれいにしてからも、その動きが続くのであれば、それもワイパーの寿命だと言えます。

 

ワイパーは車を利用する人たちの安全面から考えてなくてはならない存在です。
いつも最高の働きをしてくれるように定期的なチェックを行いましょう。





家 購入の案内
URL:http://www.toyotahome.co.jp/support/
家 購入の最新情報


ワイパー交換時期を知りたければここブログ:20-11-24

名古屋から子供を連れ、
上野動物園に行った時のこと…

帰り道、名古屋に向かう新幹線の中で、
疲れきったおいらたち家族はバラバラに席に着き、
グッタリ座っていた。

その日はちょうどゴールデンウイーク真っ只中。
新幹線自由席も混んでいた。

新横浜に到着するとさらに車内は混み合い、
何人かの立ち客で車内はいっぱいになった。

ひかりなので次の名古屋までは2時間近くある。
立っている人には辛い時間だ。

そんな中、立っている乗客に、
一人のおばあちゃんがいることを発見した。
年齢は70〜80歳くらい。

気にはなっていたがおいらの席からは遠く、
すぐに声がかけられない位置。

近くの人が誰か替わってあげたらいいのに…
と他人ごとのように思いつつ、
そのままおいらも座っていた。

するとおいらの奥さんが大きな声で、
「おばあさん、この席よかったらどうぞ」
と言って、遠くから声をかけた。
おばあさんは奥さんにお礼を言い、席についた。

やがて名古屋に到着。
おいらたち家族はそこで降りたわけだが、
そこでおいらは奥さんに聞いた。

「あんな離れた場所からよく声をかけて、席を替わってあげられたね。
おいらも気づいていたけど、少し恥ずかしかったのと、
近くのだれかが替わってあげればいいのにと思うだけで、
なにもできなかったよ。恥ずかしくなかった?」

それを聞いた奥さんは
「あなたはあのおばあちゃんが、
自分のおかあさんだったらどうしていた?
近くじゃなかったから声もかけず、席も替わらなかった?」

そして、
「きっとどこかで、
あなたの父親や母親も
同じように誰かに助けられているのよ」
と言った。

おいらは目からウロコが落ちたと同時に、
自分のふがいなさに情けなくなった。