よくわかるバッテリー何でも情報局

スパナ、レンチ、英語本来の意味からすると、両方の間に違いはないのですが、
日本では特に先端の開いたレンチをスパナというふうに呼んでいるのです。
両口が開いたものと、片方だけが開いたものがあり、その口の開きが一定なため、
締めたり緩めたりしたい目的のものと一致したサイズを選ぶことが強いられます。
そのためあまり使用頻度が高くないというのが事実なのです。

 

ボルトなどのサイズに左右されてしまうスパナ、いったいどんな種類のものがあるのでしょうか。
車の中には非常にたくさんのボルトやナットが使われています。
その中でも特にエンジン調整に活躍してくれるのが、タペットスパナと呼ばれるものです。
これには全長が比較的長く、薄型である特徴をもっています。

 

また電装部品など、小さなボルトやナットが使われている場合は、イグニッションスパナというものを利用します。
狭い空間で利用できるように工夫が施されています。

 

そして打撃スパナ。
よくスパナを使用している際にボルトがさび付いているなどといった理由で、
堅くてまわせないことがあります。
そこで見られる光景が、スパナを金槌などで叩くということ。
たしかに成功するのですが、ボルトやスパナに大きな負担をかけていますから、避けるようにしましょう。
しかしボルトが大きくて人の力だけでは対処できない場合がありますから、そんなときのために打撃スパナがあり、
これは叩いても大丈夫というわけなのです。

 

このようにまだまだ種類があるスパナ。
状況に合わせて適切なスパナ選びができるといいですね。



スパナの種類はどのくらいあるの?ブログ:20-11-21

僕は父母が結婚して間もなく授かり、
母親からは、父は男の子を欲しがっていた…
と聞かされていました。

でも父は、
ネズミが僕の指を齧った!と怒って
罠をしかけ、ネズミに復讐した…とか、
オムツ替えの途中の汚れた脚に「ちゅー」しようとした…とか、
マンガみたいな父母バカぶりも聞かされていました。

次の年にはおとうとが生まれ、
父母はいつでも同じものを
二つ用意しなければいけなかったようです。

ママゴトのセット、クレヨン、ボール、人形…などなど
洋服も色違いのセーター、ズボン。

少し大きくなった頃に母親が用意してくれたのは、
自分のセーターをほどいて作ってくれた
ニットのジャンパースカート、
おとうとには汽車の編みこみがあるセーター。

このころになると、
男女差と言うより個性が出て来ていて、
関心のあるものが違っていたんでしょうね。
欲しがるものもまちまちになってきました。

当時、父が事業を立ち上げるために頑張っていて、
母親は本当に時間を惜しんで父を助け、
僕たちにも愛情を注いでくれました。

父母は、僕に
「女の子らしい」ことをして欲しいと望んでいたみたいです。

可愛い洋服を着せられ、写っている写真。
七五三のために髪を伸ばし、
自毛で日本髪を結って貰った僕が
自宅の前でオスマシして写っている写真。

長かった髪を母親は日々編みこんでくれたり、
服装にも気遣ってくれたり…

僕は3歳の時に怪我をして、
小さい時はまだ左足が湾曲していて、
まっすぐ歩くのにも苦労していたので、
母親としては余計に気を遣ってくれたのかもしれないですね。

できないことが多い分できることを増やしてやりたい…という
母親の気持ちに添うように、
頑張り屋の僕は形成されてきたのだと思います。