よくわかるバッテリー何でも情報局

洗車といわれると、ボディーを洗うことがまず頭に浮かぶと思います。
しかし外側だけを洗っても内側の汚れはあり続けます。
車内って結構汚れるものなんですよね。
子供がいたらその汚れ方は想像を超えるもの。
特にシートにジュースをこぼされたときには、頭を痛めるものです。

 

さて、こういう状況において、どのようにシートを洗ったらよいでしょうか。
実はそれには洗濯用洗剤が大活躍してくれるのです。
布に水でとかした洗剤をふくませ、それでポンポンとたたくように洗ってください。
最後に濡れた布と乾いたものとで洗剤を洗い流します。
ここで注意が必要なのは、汚れが落ちないからといってシートに直接洗剤をつけてしまっては、その汚れが広がっていくばかりということです。

 

それでも取れないシミには、色ものの服専用の酵素系漂白剤を利用するとよいでしょう。
この場合も布に含ませて使うのが基本です。
これで大体のシミは解決できてしまいます。

 

しかしそれでもだめなら、シートをはずして丸洗いするしかありません。
案外シートは簡単にはずせるものなのですが、
こんな極地に立たされてしまったら、やはりクリーニング業者に頼むことをおすすめします。





クラウド おすすめcheck!
URL:https://cloudpack.jp/service/recommend/
クラウド おすすめドットコム


洗車の問題についてのお役立ち情報ブログ:21-1-18

皆様はダイエットを始めようと思ったら、
どこから手をつけますか?

たぶん多くの人は、
食事を制限するというところから手をつけるような気がします。

確かに食事を制限すれば、
体重が増えるのを抑えることができます。

しかし、食事制限を
ダイエットの柱にすることは
よくないんじゃないでしょうか?

なぜなら、
「食事をしない=ダイエット」
という公式が出来上がってしまうからです。

もっと言うと、
「食べること=罪悪」
という意識につながっていくことも
十分に考えられます。

すると少しでも好きな食事をすると、
自分を責め、ダイエットに挫折してしまう場合も目立ってきます。

また
「食べること=罪悪」という意識があまりに強くなっていくと、
「拒食症」に陥ってしまう可能性もあります。

拒食症の人の中には、
ダイエットがきっかけで、
深刻になっていったという人は少なくないのです。

拒食症になると、食べ物を受け付ける
ことができなくなってしまいます。

ですから早く治療を行うことが必要になってきます。

治療をして、拒食症の症状を抑えたからといって、
安心することはできません。

というのも、拒食症の次には
全く逆の症状である「過食症」が襲ってくるリスク
があるからです。

このようなことを続けていれば、
健康な体質を手に入れることはできません。

また、骨粗鬆症という病気が
女性の間で発病することが多いそうですが…

この骨粗鬆症、極端な食事制限をしたことによって
発症する場合があるといわれています。

ダイエット以前に、
わたくしたちは食事をすることで栄養分を確保し、生きています。

たとえダイエット中でも
きちんとした食事をとることが基本中の基本だと思います。