よくわかるバッテリー何でも情報局

あんなにがっちりした車のタイヤでも、天敵ともいえる釘などがささってしまえば、すぐにやられてしまうんですよね。
こんな経験をされた方がたくさんいらっしゃると思います。
子供たちまでもいたずらにタイヤ付近に釘を並べたりするのを聞いたことがあります。
さてそういった場合普通どんなパンクの修理法がとられるのでしょうか。

 

普通緊急の場合ガソリンスタンドなどでもパンク修理をしてくれますが、
よくとられる方法は、ゴムに接着剤みたいなものをつけて、それをパンクした箇所に埋め込むというものです。
そうすると走っているうちに、タイヤに加わる熱によってゴムが溶け始め、穴を完全にふさいでくれるというわけなのです。

 

ただしこの方法が有効なのは、タイヤの側面以外に穴が開いてしまった場合のみです。
側面のパンクにはまったく効き目がありません。

 

一度パンク修理をしているとなんだか車にのるのがちょっと怖い気がしますが、
きちんと修理されていれば、タイヤが極端に磨り減っていない限り、長い間そのタイヤを使っていくことができます。
たしかにタイヤに負担がかかるような乗り方をするのは禁物ですが。
心配な場合は、きちんとタイヤ専門店でチェックしてもらうといいと思います。



パンク修理でよく使う方法ブログ:20-10-22

減量をするときの鉄則と言えば…
「規則正しい食事」と「適度なトレーニング」ではないでしょうか?

「規則正しい食事」というのは、イメージすることができますよね。
でも「適度なトレーニング」の「適度」って、難しくないですか?

とりあえず、
普段、決まったトレーニングをしたことがないという人が筋トレをする場合には、
いきなり大きな負荷をかけないようにしましょう。

早く減量効果を実感したいという気持ちはわかりますが、
怪我をして、長期間体を動かすことができなくなってしまっては、
元も子もありませんので、
最初のうちは、体に優しいトレーニングをするようにしましょう。

スポーツジムなどにあるトレーニング器具を使う場合には、
「やや軽いのでは?」
というくらいの負荷から始めることをお勧めします。

とにかく、自分の体に
トレーニングをするという習慣をつけることのほうが先決です。
そこから慣れてくれば、徐々に回数を増やしていけば良いのです!

筋トレをするときの回数についてですが、
連続して20回程度反復トレーニングをすることができるくらいの
負荷で行うということが目安になります。

まずは、トレーニングすることに慣れることが大切です。
そして体が慣れてきたら、徐々に負荷を上げていきましょう。

筋肉を少しつけたいという人は、
10回前後トレーニングをして、
もう続けられないというくらいの負荷をかけると良いみたいです。

筋トレを行うときのポイントは、
自分の持っている力をすべて出し切ることにあります。

すると、筋肉の量が増し、
効率よく脂肪を燃焼させることができるので、
それだけ減量効果も期待できますよ!