よくわかるバッテリー何でも情報局

マスキングテープとはマスキングつまり覆い隠すために使用されるテープのことです。
一般的には塗装作業の際に使用されることが多く、必要箇所以外を汚さないようにするためのものです。
マスキングテープにも素材や、粘着力、幅、色などと様々な種類のものがあり、それぞれの状況にあわせて選ばれます。
よく使われるのが車の塗装ですから、粘着力が弱く簡単にはがせるタイプのものが最も好まれているようです。

 

さてこのマスキングテープですが、アメリカのスリーエムカンパニーと呼ばれる会社の従業員であったリチャード・ドリューという人物によって発明されました。
ドリューは自動車塗装工たちが仕事をする際、塗装する箇所以外を汚さないように貼り付けていた紙を、実際作業を終えて剥がすとき、自動車の塗装までももが剥がされている様子を目の当たりにしました。
そこでこの自動車塗装工たちが取っていた行動とは?
もちろんのこと、また塗装し直していたんですよね。
そこでドリューが考えたのは、このままこれを続けていたらコストがかさんでしまうということでした。
それから彼の研究がはじまり1925年に世の人々の間に知れ渡ったということなのです。

 

たしかにこれのおかげでコスト削減に成功したうえに、塗装工たちの無駄な仕事も減ったのです。
90年近く経った今現在でも、多く利用されているわけですから、塗装作業を必要とする車産業などの世界では大発明であったと言えるでしょう。



マスキングテープはどのようにして生まれたかブログ:21-1-21

こんばんわっすー。

最近は全国で雪とか行っているけど、ウインタースポーツを
しないわし的には・・・寒い(笑)

パパの地元は東北だから、ちょっとくらいの雪でも
大丈夫!って言っているけど、6時から雪だと
仕事も行きたくないし、冬眠したい気分になる。


それはそうと…

今日は大切な日なんです♪


最近仕事の影響か、寝れる日と寝られない日がある。

会社の人も体調崩して休職していたり、転職考えているって言う人も
いるし、22時に終わるかどうかわからない日が毎日の
ように続いていて。

社員は増やす気もないし、バイトや派遣もいらないってカンジみたい。

小さな会社は大変です。。。


ボノラート飲んでアブドフィットと
習慣だった日々も、最近ではお疲れで。

玄米珈琲ももうなくなるけど、どうしよっかなーってカンジ。

休みに友達と、サウナとか行って、気分よくリフレッシュしていたけど、
今はゆっくりしようと寝て起きたら昼。

なかなか疲れがとれないわし。


明後日もウインドウショッピングに行こうね♪って言われているけど、
疲れた顔していたら、気を遣わせるから気を付けないとって逆に気を遣って
しまう。

昼くらいから千歳とかにお出かけでも良いよって
言われたけど、密かに大雪が降って、家でゆっくりできたら・・・と思って
しまう自分もいたりして。

会いたくないわけじゃなくて、少しゆっくりしたい。

そんな気持ちがあるんだよね。。。